家庭教師について

人々の価値観が多様化している現代社会において、学校教育の在り方も昔とは変わってきています。さまざまな特色・仕組みを持つ学校が増えてきているなかで、とりわけ今、注目すべきが「通信制高校」です。
この記事では、通信制高校への入学を検討している方に向け、その学習制度やオススメの学校をご紹介します。

目次

通信制高校で行うことは主に3つ

通信制高校は、全日制高校とは違い、単位制という学習制度を採用しています。
これは、「3年間で決められた単位数を修得することにより、卒業となる」というものです。
そして、通信制高校で単位を修得するには、主に以下の3つのことを行います。

レポートの提出(添削指導)
通信制高校では、学校へ通うことが少ない分、レポートという形で学習成果の報告を行います。
これは、指定されたテキストや動画などで勉強したことを中心に、問題を解く形式のものです。
単位を修得するためには、このレポートの提出が非常に重要になります。

また、レポートは成績にも大きくかかわってきます。
全日制高校では定期テストの点数が成績を左右しますが、通信制高校における成績は普段のレポートの比重が高いのです。

スクーリング(面接指導)
スクーリングとは、登校日のことです。通信制高校に通う生徒は、学校で定められた日数分、登校する必要があるのです。
スクーリングでは50分が1コマと設定されており、「ある科目の単位修得のためには○回のスクーリングが必要」と、条件が設けられています。

必要なスクーリング回数は学校ごとに違いますが、公立では週1回が一般的です。
一方、私立ではかなりバラつきがあり、毎日登校できるような学校もあれば、数日間の合宿でまとめて年間出席日数を消化するタイプの学校もあります。

特別活動
聞きなれない言葉かもしれませんが、特別活動とはホームルームや学校行事などのことです。
高等学校を卒業するためには、特別活動に30単位時間以上出席することが条件となっています。(1単位50分)

通信制高校では全日制よりも登校日数が少ないことが多いため、全日制高校などと比べると特別活動に割ける時間は少なくなります。
そのため通信制高校では、自宅でも行えるような活動を特別活動の時間として割り当てていることもあります。
このあたりは学校によってさまざまですので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

また、この他にも年に1度(学校によっては年2回)行われる「単位認定試験」があります。
これらをこなしながら、3年間で計74単位以上を修得することで、晴れて卒業となるのです。

なお、下記リンクでは「通信制高校と他の学校の違い」についても詳しく解説しています。是非そちらもご覧ください。
通信制高校と他の学校との違いについてはこちら!

通信制高校での学び方

通信制高校では、日々の学習は基本的に自宅で行います。「家で学ぶ」ということには、様々なメリット・デメリットがあります。

メリット
・登校にかかる精神的・体力的・経済的な負担が少ない。
・自分のペースで学習できる。
・自由な時間が多いため、趣味や資格の勉強などに時間を割ける。

デメリット
・自己管理能力がないと、卒業が難しい。
・不明点などを自分で解決する必要がある。
・友人を作る機会がすくない

以上のような特徴があるため、通信制高校は「合う生徒・合わない生徒」がはっきり分かれます。ただ、デメリットに関しては、それを解消する手段があります。
それが、『通信制サポート校』です。

『新しい学びのカタチ』山手中央高等学院

先述のように、通信制高校には多くのメリットがある反面、卒業するためには相応の自己管理能力が必要です。
しかし、そのような能力を通信制高校に入学する生徒全員が有しているわけではありません。

そこで頼れる存在となるのが、『通信制サポート校』です。
サポート校では、生徒さんが安心して通信制高校を卒業できるよう、学習面、生活面、精神面といった、あらゆる角度からきめ細かいサポートを行います。

アルファが開校した新しいカタチのサポート校山手中央高等学院には、以下のような特徴があります。

①:マンツーマンで学びながら高校を卒業できる!
→当学院の授業は「先生との 1 対 1」で進みます。全日制のような集団型の授業ではないため、先生に気軽に質問することができます。
 周囲に気を遣うこともなく、自分のペースで学びながら、安心して高校を卒業できます。
②:自分に合った学び方が選べる!
→キャンパスに通う「通学型」の他、先生が自宅に来てくれる「訪問型」や、パソコン・タブレットで学ぶ「オンライン型」から自分に合った学び方を選択できます。
 また、将来の目標に合わせて学習コース(普通科・特進科)も選べます。
③:各種受験対策も万全!
→一人ひとりの学習状況や目標に合わせた授業を行い、志望校合格までの最短ルートを形成します。
 推薦入試等では志望校の出願条件を満たすため、必要な評定平均値を取得できるようサポートし、面接対策等も行います。

そのほかにも、スクーリング管理やメンタル面のフォローなど、プロの先生が完全1対1で行いますので、「3年間での高校卒業」「大学受験対策」を確実なものにできます。

「通信制高校に入学しても、卒業できるか分からない」
「周囲に合わせる集団生活が苦手」
「今通っている高校の雰囲気が合わない」
「夢を叶えるため、もっと時間が必要」
「大学進学を諦めたくない」

といったことでお悩みの、中学生・高校生の方は、ぜひ一度、山手中央高等学院への入学をご検討ください。